-ドラクエ3 ボス攻略法-

クイックメニュー
|| トップページ || 攻略チャート1 2 || ボス攻略法 || 世界地図 || よくある質問集 ||
|| 掲示板 || メールフォーム || ドラクエ・FF攻略データ || 管理人の日記 || 隠しページあります ||
【カンダタ】 HP300 行動:攻撃、痛恨の一撃、防御
【カンダタ子分】 HP60 行動:攻撃
薬草を大量に持っていきましょう。攻撃能力の低い人たちは、薬草でどんどん回復します。一匹ずつ手下を殴って倒していきますが、攻撃力が低いようならスクルトを使っておくのも一つの手です。

【カンダタ子分】 HP120 行動:攻撃、ルカナン、ベホイミ
マホトーンや魔封じの杖で,半数程度の魔法を封じつつ,スクルトで守備力を上げましょう。その間攻撃役は薬草でひたすら回復します.その後は全体攻撃をまとめて叩き込み、倒していきます。HPが低いので、魔法を封じずにどんどんダメージを与えていくのも一つの手です。鋼の鞭がポルト画に売っているので,これがあると非常に有利です。

【カンダタ】 HP700 行動:攻撃、痛恨の一撃
【カンダタ子分】 HP120 行動:攻撃、ルカナン、ベホイミ
全力で子分を倒します。魔法使いがいれば、スクルトで守備力を上げます。
子分さえ倒せば、スクルトで守備力を上げて、ほぼ負けることはなくなります。

【やまたのおろち】 HP1800 行動:火炎の息、攻撃(割合3:5) 行動回数:1〜2
まずはマヌーサとスクルトで物理攻撃に対抗します。呪文を使えない人たちは薬草で回復に回ります。
守備力が上がって安定してきたら,ルカニ一発で守備力を落とし、攻撃の連打で倒します。
ドラゴンシールドを装備していれば炎のダメージが減るので、やや楽でしょう。最後の鍵を手に入れてサマンオサに行けば手に入ります.ちなみにドラゴンシールドは今後の戦闘でもずっと使いますから,今買って損はありません.
なおラリホーが低確率ながら有効なので、暇なキャラは唱えてみてもおもしろいです。

【やまたのおろち】 HP2000 行動:火の息、火炎の息、攻撃 行動回数:2
やはりマヌーサとスクルト・薬草で物理攻撃に対抗します。
安定してきたら、ルカニやバイキルトを使って攻撃します。
長期戦になる可能性が高いので、余裕があるときにピオリムの連打で素早さを上げ、回復しやすいようにした方がよいです。

【ボストロール】 HP1500
行動:攻撃+ルカナン → 攻撃(痛恨)+攻撃 → 攻撃+攻撃(痛恨) → ルカナン+攻撃
ルカナンをマホトーンで封じつつ,スクルトをかけます。スクルトがかかるまでは危険なので,勇者などは薬草で回復に回ります。だいぶ物理攻撃のダメージが減ったら、ルカニやバイキルトを併用して全員で攻撃し、素早く倒します。痛恨の一撃は結構飛んでくるものなので、一人死んだぐらいではあきらめず、そのまま倒すべきでしょう。なお経験値はメタルスライムより少ないので,「死んだから経験値が入らない」などと嘆くことはありませんよ。

【バラモス】 HP2400 自動回復100 行動回数:1〜2
イオナズン → 攻撃 → 激しい炎 → 攻撃 → メラゾーマ → メダパニ → イオナズン → バシルーラ
ドラゴンシールドや魔法の盾など、耐性のある防具をなるべく装備します.
最初は敵の行動を読んで、全体攻撃の多そうなターンをアストロンで飛ばしてしまいましょう。まずマホトーンとスクルトを使っていきます。薬草はみんなが持っておき、適宜使えるようにしておきます。マホトーンがかかると、敵の行動パターンは「攻撃 → 激しい炎 → 攻撃 → バシルーラ(無効)」となり、かなり楽になります。常に激しい炎で死なないような態勢を作っておくのも重要です。激しい炎の最大ダメージは、通常100、ドラゴンシールド装備時80です。
攻撃手段はルカニをかけてからのバイキルト攻撃がベストです。敵には自動回復がありますが、バイキルト攻撃の連打があれば楽々上回れるでしょう。

ゾーマの城に乗り込むときは、水の羽衣やドラゴンシールド、光のドレスといった、ブレス耐性があるものをつけていくのが望ましいです。
【キングヒドラ】 HP1600 行動:火炎の息、攻撃(割合3:5) 行動回数:1〜2
素早さの低いキャラが常に賢者の石を使いつつ、ルカニ・バイキルト攻撃を叩き込めば、すぐに勝てます。
心配ならスクルトを使っておけば鉄板です。

【バラモスブロス】 HP1100
行動回数:1〜3 行動:激しい炎、攻撃、イオナズン(割合2:2:4)
マホトーンは有効ですが、封じないほうが案外楽だったりします。 賢者の石を使いつつ、ルカニとバイキルトを使って攻撃の連打で倒します。回復は賢者の石だけだと間に合わず、素早いキャラに星降る腕輪を装備させ、賢者の杖を先攻して使うなどの工夫も必要です。

【バラモスゾンビ】 HP3000 自動回復50 行動:攻撃 行動回数:1〜2
かなり攻撃力が高いのですが、マヌーサとスクルトの連打でどうにでもなります。素早さと守備力が0なので回復も余裕でしょう。

【ゾーマ(光の玉使用後)】 HP4700 行動回数:2
行動:攻撃、凍える吹雪(100〜140)、いてつく波動、マヒャド (割合3:2:2:1)
物理攻撃と吹雪が非常にきついです。…が,スクルトは結構焼け石に水感も溢れますので、使うのはフバーハだけで十分でしょう。それでも、常に賢者の石を使いつつ、素早いキャラの賢者の杖を使えば、回復が追い付かないことはありません。物理攻撃は200ぐらいダメージが出るので、危ないキャラは防御しておくのも重要な戦術です。
攻撃は、ルカニとバイキルトを併用して殴る(ルカニは波動で解除されるので注意)か、メラ系呪文、雷神の剣(ベギラゴン)などでダメージを与えるとよいでしょう。
GB版であれば、ベホマを敵に使う事で、160程度の大ダメージを出せます。
FC版では薬草で1〜255ダメージを出せます。

【神竜】 HP7300 行動回数:1〜2
行動:灼熱、攻撃、噛み砕く(160)、のしかかる(全体に攻撃)、凍える吹雪、凍てつく波動、イオナズン、瞳
攻撃能力が非常に高く、強敵です。ブレス攻撃が非常に危険なので、ドラゴンシールドやドラゴンメイル、水の羽衣などは必須です。
賢者の石を常に2個使っての回復は必須で、眠らされた場合はアストロンやザメハで目を覚ました方がよいです。回復しきれていない場合、勇者のベホマズンを適宜使う事で態勢の立て直しを図ります。
フバーハやスクルトは使いたいのですが、凍てつく波動で解除されてしまうため、使うべきというほどでもありません。なおこちらに全く補助呪文がかかっていない場合でも、凍てつく波動は使われます。

こちらからの攻撃手段としては、メラゾーマやバイキルト攻撃が挙げられます。
また、隼の剣を装備して攻撃力の高いキャラにモシャスした場合、隼効果を維持しつつ高い攻撃力を得られるため、これはかなり有効な攻撃手段となります。

【闇ゾーマ】 HP4500 自動回復100 攻撃力500 行動回数:2
凍える吹雪 → マヒャド → 凍える吹雪 → 打撃攻撃 → 凍てつく波動 → 凍える吹雪 → 凍える吹雪
「闇ゾーマ」とは、光の玉を使わずに挑んだ時のゾーマのこと。

最初の1周のみマホカンタを使われます。呪文が全く効かないため、バイキルト攻撃でダメージを与えるしかありません。攻撃力はかなり高いので、スクルトを唱えておきますが、賢者の石二つで充分回復が間に合う程度の攻撃しかしてきません。

【神竜(早いターンでの撃破法)】
一番簡単なのが、メラゾーマの連打でダメージを与え、回復は主人公の賢者の石とベホマズンに任せるという方法です。メラゾーマでは190程度ダメージが与えられるため、40発弱当てれば倒せる計算になります。神竜は守備力が高く、バイキルト攻撃ではそこまで良いダメージは与えられません。
GB版に限り、隼の剣を装備してのドラゴラムが相当有効で、炎を2発吐くことができます。これでは1発につき360程度のダメージを与えられるので、かなり早いターンでの撃破を狙う事ができます。ただ、凍てつく波動では解除されてしまいますので、少し運が必要。

15ターン以内どころかもっと早いターンで倒したいという方は、武闘家のレベルを99に上げる事をお勧めします。武闘家の場合、会心の一撃はレベル/255の確率で出ますので、運が良ければ相当早いターンで倒せます。なおバイキルト中は会心の一撃が出ないので要注意。

【グランドラゴーン】 HP10000 GB版のみ
神竜より強いのかと思いきや、激しい炎を使ったりするような敵。
ぶっちゃけHPが高い神竜-αという感じのボスなので、神竜戦と同じように戦えばOK。
25ターン以内に倒せば、ルビスの剣がもらえます。
やまたのおろちの黄色バージョン。