低レベル攻略 目次 1章 2章 3章 4章 5章 ドラクエ3攻略データ
ドラゴンクエスト3 転職禁止低レベルクリアレポート
 第2章 基礎知識

 【経験値】

なるべくレベルの低い状態でストーリーを進めるためには、必要な経験値を必要な時に得て、不要な時はとことん省く必要があります。というわけで、雑魚敵からは基本的に逃げることになります。
ボスの経験値は絶対に得なければならないので、基本的に1人だけ生存した状態で経験値を得て、死亡している3人はレベルアップを防ぐことになります。生存してレベルアップしたキャラはルイーダにずっといてもらい、いなかったことにします(爆)。なおルイーダの仲間は21人まで登録できるため、仲間に困る事はありません。
なお、雑魚敵から逃げる際の事ですが、相手がある程度強い場合、逃げようとして全滅させられる恐れがありますから、アイテムの種類が増える中盤以降は、魔法を封じる、眠らせる、頭数を減らすといった策を講じて敵の攻撃能力を減衰させた上で逃げるという事もします。詳しくは攻略編に記してあります。

 【ゴールド】

敵から逃げて逃げて逃げまくるため、通常のプレイのようにGがたまるということがありません。しかし、どんどん強くなる敵のためには、強い装備を入手していかねばならず、財政難は避けられないように見えます。そこで、攻略上不要なアイテムはことごとく売却し、何とか工面します。ドラクエ3では、レアアイテムが高価で売れることが多いため、今回の攻略においては終盤の終盤までGに困る事はありません。ルビーの腕輪、正義のそろばんなどは本当においしく売れます。
ゾーマ戦の直前ではかなりGが不足しますので、ゴールドパスを使って第4すごろく場に入り、普通のマスでアイテムを拾う事を期待します。魔法の前掛け、パワーナックル、ルーンスタッフといった高価なアイテムが拾えますから、しばらく続ければ必要なGはたまります。
格闘場で稼ぐという事も考えられますが、攻略で使うキャラのレベルが低く(つまり掛け金も低く)、そもそも勝率がそこまで高くないため、効率が悪いようです。なお、ネクロゴンドで出現する踊る宝石は、経験値が10で1023G持っているため、レベルアップしない程度に倒せば嬉しくなります

 【ステータス】

ドラクエ3のレベルアップ時のステータスの伸びは一定ではありません。従って、レベルアップのときに欲しいステータスの伸びが出なかった場合にリセットし、納得のステータスの伸びが得られるまで粘るという事ができます。面倒な作業ですが、これによって多少ステータスを上げることが可能になります。
何度か調査した後、上がる体力の目標値は以下のように定めました。
 
戦士 レベル8まで4 レベル9から12
僧侶 レベル9まで4 レベル10から5
魔法使い レベル2まで2 レベル10まで3 レベル11から6

また、レベルに応じて「達するとステータス上昇の値が鈍る値(以下リミット値)」が定められています。例えば、レベル11の女戦士であれば、体力が84以上になると、レベル12になる時は体力が0か1しか伸びません。効率よくステータスを上げるためには、リミット値を正確に把握しておく必要があります。
…ただ、リミット値が問題となるのは、種を使った場合、また戦士のレベル10以降のレベルアップ時ぐらいのもので、この攻略ではほとんど考える必要がありません。

なお体力×2≒HP、賢さ×2≒MP、素早さ÷2=裸での守備力となります。素早さは高いものが先に動けるという意味も持ちます。ただし、100%ではなく、多少素早いからといって敵への先攻に期待するのは非常に危険な行為でしょう。運の良さそのキャラへの補助系呪文特技、ザキ系の効率を決めます(元の効く確率×運の良さ/256と思われる)。

 【行動の効果】

低レベルクリアでは、行動のミスが全滅につながる事が多いです。従って、行動の効果を正確に把握し、無駄を省く必要があるのは自明です。味方のものから解説していきます。
 
攻撃 {攻撃力-(守備力/2)}/2のダメージを与えます。この攻略では「通常攻撃」と呼ぶことにします。
防御 受けるダメージを半減させます。
確実に死亡を防ぎたい時などに非常に有効です。
呪文 呪文を使います。この攻略ではあまり使いません。
装備 装備を変更します。
装備した時、守備力や素早さを上下させる呪文は解除されます。
道具 道具を使います。
逃げる 1/4程度の確率で逃げます。
失敗するごとに次に逃げられる確率が上がります。
3回目には確実に逃げられます。

次に必要な呪文や道具の効果について解説します。
 
ピオリム 元の素早さの分素早さを上げます。意外と重要です。
ルカニ 元の守備力分守備力を下げます。0以下には下がりません。
マヌーサ 通常攻撃の命中率を1/2にします。
ラリホー、眠りの杖 1〜3ターン眠らせます。
マホトーン、魔封じの杖 1グループの魔法を使えなくします。
ルカナン、草薙の剣 1グループの守備力を半減させます。
スカラ 元の守備力分守備力を上げます。
スクルト 1グループの元の守備力の1/2守備力を上げます。
メダパニ、誘惑の剣 混乱させます。1匹しか相手がいない場合、混乱の効果はありません。味方に関しても同じ事が言えます。
メラミ 70〜80の炎系ダメージです。
ベギラマ、いかずちの杖 30〜42のグループ炎系ダメージです。
ベギラゴン、雷神の剣 88〜112のグループ炎系ダメージです。
イオラ、稲妻の剣 52〜68の全体炎系ダメージです。
ホイミ、薬草 30〜40回復します。
ベホイミ、賢者の杖 75〜94回復します。
ベホマラー、賢者の石 1グループ75〜94回復します。
ザオラル、復活の杖 HP1/2で復活させます。1/2で失敗します。
ザオリク、世界樹の葉 HP全快で復活させます。
バギクロス、王者の剣 60〜120グループバギ系ダメージです。
マホカンタ、さざ波の杖 魔法を跳ね返すようになります。
これに応じて魔法を使わなくなる敵もいます。
魔法使い、僧侶、賢者しか使えません。

 【耐性】

ドラクエ3には呪文やブレスへの耐性が存在し、これによりブレスや呪文のダメージを減らしたり、回避率を上げる事ができます。人間のキャラには耐性が存在しませんが、防具と敵には存在します。敵には全ての呪文に対して4段階で耐性があり、これによって効く確率が0%、25%、75%、100%程度になります。
防具の耐性は、ダメージを減らすものと、補助呪文が効く確率を下げるものが存在します。
 
防具名 装備可能者 耐性
マジカルスカート 女性 魔法3/4
魔法の鎧 戦勇僧 魔法2/3
魔法の前掛け 魔法2/3
魔導師のローブ 僧魔賢 魔法2/3
ドラゴンメイル 戦勇 炎2/3
水の羽衣 魔賢 魔法2/3 ブレス2/3
ドラゴンローブ 僧魔賢 ブレス2/3
光の鎧 魔法2/3 ブレス2/3
光のドレス 女性 魔法2/3 ブレス2/3
勇者の盾 魔法2/3 ブレス2/3
魔法の盾 武以外 魔法2/3
ドラゴンシールド 勇戦盗 ブレス3/4
オルテガの兜 補助呪文
光のローブ 僧魔賢 補助呪文

 【豆知識】

知っておくと便利な業も存在します。いくつか解説しましょう。
 
1.装備技
装備のところで説明したように、装備を変更(装備しなおし)したときに、スカラなど補助呪文の効果が消えます。これを利用し、ボストロール戦などでかかったルカナンを解除することができるわけです。ただし、他の戦闘でミスして使うと、せっかくかけたスカラなど有利な呪文が消えたりしてしまいますから、注意が必要です。
2.敵の行動について
敵には行動が8つ定められており(これを行動枠と定義づける)、そこから【ローテーションで使う】【ランダムに選んで使う】の2つに分けられます。ローテーションの場合、ボストロールなどのようにある一定のパターンを持って行動します。ランダムの場合、行動枠に入っている特技を1度選ぶと、同じターン内には使わないというのが基本です。通常攻撃などの一部の攻撃手段は行動枠に1つしか入っていなくても1ターンに2回使う事が可能になっているようです。
 

低レベル攻略 目次 1章 2章 3章 4章 5章 ドラクエ3攻略データ