-ドラクエ3 闇ゾーマを種未使用一人で撃破!-

クイックメニュー
|| トップページ || 攻略チャート1 2 || ボス攻略法 || 世界地図 || よくある質問集 ||
|| 掲示板 || メールフォーム || ドラクエ・FF攻略データ || 管理人の日記 || 隠しページあります ||
闇ゾーマ(光の玉を使用する前のゾーマ)を種未使用のキャラ×1人で撃破したので、ここに報告すると共に攻略法を載せておきます。

【キャラ作成】
引っ込み思案の女僧侶を連れてきます。ステータスは全体的に低めで、特に素早さが低く、他も多くて9といったところにしておくと良いでしょう。運の良さも低めにしておきます。
僧侶以外で作成してもかまいませんが、その際は素早さの伸びが0かそれに近い値であるよう吟味しつつレベルを20まで上げ、僧侶に転職させる必要があります。
僧侶では素早さが上がらないよう、またMPは増えるよう吟味してレベルを上げていき、MPが522になれば武闘家に転職させます。武闘家になったら素早さが上がらないよう、またHPは上がるよう吟味し、レベル99までにHP522になるようにします。素早さは100以下なのが望ましいです。

【ゾーマまで】
リムルダールから般若の面を装備し、逃げながら進みます。しもべはキングヒドラ、バラモスブロスはルカニをかけてから殴るだけ、バラモスゾンビはマヌーサをかけて殴るだけ。適宜ベホマしておけばまず敗北はありません。

【闇ゾーマ戦】
【敵データ】
HP4500 自動回復100 攻撃力500 守備力350 素早さ255
行動:

吹雪+マヒャド → 吹雪+攻撃 → 凍てつく波動+攻撃 → マホカンタ+吹雪

マホカンタは2度目から使わないので、

吹雪+マヒャド → 吹雪+攻撃 → 凍てつく波動+攻撃 → 吹雪+吹雪 → マヒャド+吹雪 → 攻撃+凍てつく波動 → 吹雪+吹雪

となります。この激しい攻撃を凌ぎつつ、自動回復100を上回るダメージを与える必要があるわけです。

【味方データ】
武闘家 Lv.99 HP522 MP261 攻撃力365 守備力428 素早さ96
装備:魔獣の爪 光のドレス 風神の盾 般若の面 豪傑の腕輪
持ち物:ルーズソックス

【ダメージ】
受けるダメージ 吹雪:80 マヒャド:40 攻撃:142
与えるダメージ 凡打:95 会心の一撃:365



【戦術】
敵のパターン1週目でははマホカンタ+吹雪のターンにベホマ、以降では基本的に攻撃を受けるターンにルーズソックスを装備してベホマを唱えます。ただ、次の次のターンのゾーマの行動で殺される公算が大きい場合、ベホマを唱えて死なないようにし、元の「攻撃を受けるターンにベホマ」のパターンに戻ります。
ベホマ以外のターンでは、ずっと豪傑の腕輪を装備して攻撃します。
攻撃では最大170ものダメージを受けますので、吹雪の大きめのダメージが重なったりすると全滅する事があります。また、会心の一撃があまり出ずにMPが切れてしまった場合も絶望的です(祈りの指輪で回復しつつ殴れば、ダメージを蓄積させる事は可能だが、時間がかかる)。勝率は1割ぐらい。

【解説】
会心の一撃の確率は今回は2/5程度です。敵の行動1周につき5回攻撃できるので、合計すると平均1000強のダメージを出せます。自動回復ぶんを考えても300程度のダメージを蓄積させられるわけですから、15周繰り返せば4500のHPですら削りきる事ができます。
また、15周の間ベホマを2回ずつ使ったとすると、MPは210使いますから、何度かベホマを多く使ってしまってもMPが切れる事はほぼありません。
負ける事があるとすれば、攻撃で高いダメージを出された時のみです。

素早さを低くしてある理由は、ベホマの回復での無駄を少なくするためです。素早さが255だと、先攻後攻の確率が五分になってしまうため、敵の攻撃を受けてから回復するつもりが回復してから攻撃を受けることがあり、回復の必要が増えてしまうからです